このきれいな紫色の物体は・・・万両の実です。もともとは真っ赤な色ですが、ひとふさ取って置いておいたら、こんな味のある色合いに変化しました。触ってみるとカサッとしていて、いわゆるドライフルーツになったようです。

万両の花も咲きました。万両と千両をよく間違えるのですが、見分ける方法として、実のつき方があります。万両の実は写真のようにだらんと垂れ下がって付きます。逆に千両は上にピッと立ち上がります。

また、万、千だけでなく、百両、十両と続きます。百両の別名は、「唐橘(からたちばな)」、十両は「藪柑子(やぶこうじ)」。

これらは似ているのでよく混乱していましたが、万両は冬の間ずっと実を眺めていたのでやっと覚えました。(たぶん)

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA