レオナール・フジタ

藤田嗣治展に行ってきました。少し駅から歩きますが、兵庫県立美術館は私の好きな場所です。来場者は多すぎず、自分のペースでゆっくり見られたのでよかった。京都だと、こうはいかないはずです。

展覧会自体もよかったのですが、ここの魅力は海がすぐそばという立地にあります。カフェから見えるのは阪神高速神戸線。そこから直接海は見えないものの、神戸線のむこうに海を感じる広々とした空間が心地よかったです。

いろいろな画家の作品が見られる展覧会も良いですが、今回のような個展はその人の歴史を知ることができるし、作風の変化や下図、デッサン図などもあったりして、堪能できるのが楽しいです。じっくり見てまわるとかなり疲れるほどです。

お楽しみのギャラリーショップでは、フジタ一筆箋とフジタクッキーに心ひかれました。冷えすぎた館内を出ると外はすごい陽射しです。カフェで少しくつろいで阪神電車で帰宅しました。(行きは阪急電車)

fujita2

fujita3

(雪)

※ブログランキングに参加しています。よかったら下のボタンをポンと押して下さるとうれしいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA