モッコウバラが満開

オニタビラコとヤブカラシ、その他種子が綿毛になって飛散する雑草類を目にすると、引っこ抜いている。しかし私1人がすることだから、とうてい彼らの増殖に追いつかず、いつの間にかあらゆる場所に侵入している。

ヤツらは力を増し、私は年をとった。悲しいかな。

あちらこちらでモッコウバラが咲き誇っている。今年はこの時期あまり暑くないので、けっこう長く楽しめることだろう。ケータイをかざして花を写している人々を見ると、口許がほころぶ。

花壇の中央からあちこちに種が飛んだポリゴナム、イベリス、ドクダミが場所をせめぎ合っている。抜いても抜いても地下茎で増えるドクダミだが、非力ながらも通るたび抜いて、“負けるナ”と、小さな花達(ポリゴナム)を応援している。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA