ジャンゴ、遊ぼうよ

蛙鳴蝉噪(あめいせんそう)
カエルやセミがうるさく鳴くみたいに
騒がしい、の意。

この場合セミはやはりクマゼミであろう。
カエルは田ンぼのトノサマガエルか、
わが家のカエルは一向に鳴かない。

先日カエルケースの辺りで、
キュールキュルと音がした。

ン?鳴いたのか?
いまあわてて耳を澄ませ近付くと、
スリムがカエルケースの壁を
よじ登ろうとしている。

キュルキュルの音は、プラスチックの
壁とスリムの手足が、こすれて出た音だった。
ア、がっかり。

何か音を発して欲しい。

ずっと昔飼っていたオオヨロイはクシャミをした。

娘がまだ小学生の頃のことで、
自分の髪の毛でオオちゃん(オオヨロイ)の
鼻をコチョコチョしたらしい。

自発的ではないにしろ、
トカゲもクシャミをするという発見に
大喜びした親子である。
首を少しのけぞらし反動でプシュッ。
かわいい音がした。

トカゲもカエルも仲間じゃないか。
カエルだってプシュッと言うかもしれない。

残念ながらこのもくろみは外れた。
鼻の穴をコチョコチョされたジャンゴは
右手左手交互に使って、鼻の辺りを掻いた。

何度かやってみたが、
“ヤメテ!怒りますヨ”
と、ニラまれた気がしてやめた。

もう1回だけネ。
手の指をコチョコチョ。
サッと手をのけるとペチッ。
舌で平手打ちされたのか?

3匹のうちジャンゴだけが私と遊んでくれる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA