「2月尽」を忘れた

近年毎年のように、2月の終わりの日、「2月尽」のタイトルでブログを書いている。

それを今年は忘れてしまった。

「2月尽」(2月の終わり)は、春の足音が聞こえる。

そして「8月尽」には秋の気配を感じる。

そんな思いで書き綴っていたのだが、全てはコロナ禍のせいにしておこう。
加えて、季節の境が曖昧になってきたからとも言える。

今冬、頭の芯がジンジンするほど寒い日がなかったように思う。

夏はやたら暑く、とにかく暑く、8月の終わりに「涼」を期待するなんて今やとんでもないことになってしまった。

気候について語ることはもう諦めの境地である。

それでも私たちは日々生きて、生きている限りは少しでも明るく、楽しく、元気に過ごしたい。

小さな幸せを虫メガネで探し当て、喜びたい。

「2月尽」を書き忘れた年のことは、きっと忘れないだろうと記しておく。

(玉麗)


冬の終わりにふさわしい花は何だろう?・・・やはり椿かな!ということで。名前に「春」を持つ花を楽しんでください。(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA