5月手本 風景(墨)

久しぶりの、墨だけの風景画です。

風景画は、花や動物とポイントが違います。
注意しないと、つまらない絵になりがちです。

まずは、絵の中心(見せ場)となるところはどこか?
を決めます。

今回は、橋、両側の崖、そしてその上の木が
つくる空間から、手前にむかって川が流れていて
このあたりが絵の中心となります。
(橋のむこうの山は、後から添削で加えられたものです)

中心が決まれば、
そこから描いてゆくのがよいです。

他の細かいポイントは、教室でお話しています。

各教室で、「難しい」「わからない」という
声を多くききました。

墨だけで描く絵(しかも風景)は、
実はとても難しいのです。
なにしろ、色情報に頼ることができないので
濃淡だけで表現する必要があります。

いちばん大切なことは、
何を描こうとしているのか、
どのような表現をしたいのか。
自分の中でストーリーをまず思い描くことです。

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA