靴修理職人

私のいつもの通り道に靴修理屋がある。
靴底が擦り減って交換する時に利用するが、
めったに行く処ではない。

久しぶりで行くと女性が応対してくれた。
彼女は受付係だけではなく、修理もしてくれる。
というより、たぶん修理の専門家なのだろう。
テキパキと処理して即修理にかかる。

その動きは一定のリズムがあり、見ていて小気味良い。
“村の鍛冶屋”の童謡を思い出した。

この店は過分の料金を取らない。
ブーツの踵が少し傷んでいるので修理できますかと言うと
踵を巻き直すと1週間ほどお預かりすることになるので、
この程度なら革を引っ張って貼っておきます、とのこと。
その手間賃は取らないのだ。

私の前の女性のハイヒールが出来上がった時も、
“ちょっと打ち付けただけですから料金はいいですよ”
と言っていた。

なんでもかんでも手数料を取るのが当たり前の時代に
なんという良心的な商売をしていることか。

この店は以前、男性ばかり4人ぐらいでやっていたように思う。
今はこの女性と、後方に男性1人。
ひょっとすると御夫婦かもと想像した。

ブーツの靴底取り替えが終わった。
その間5〜6分であったような。
早業である。

「とても手際がいいですね、見ていて感心しました」
と言ったら、
「バタバタしていて申し訳ありません」
と、謙虚な答えが返ってきて、さらに感じ入った。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA