8月手本 アサガオ

8月になりました。

暑さは、
ますますます。

(=暑さは、益々、増す。)

暑さで思考回路もストップし、
私が運転する車は奈良へ向いかけ、
あわててコースを八尾へと進路変更。

そんなギラギラした夏に
一服の清涼剤のような作品ができました。

アサガオは実は秋の季語ですが、
夏にピッタリのさわやかで可愛い花。

葉っぱのかたちがすこし違うのは、
「ヘブンリーブルー」という種類だから
だそうです。

 

さて、アサガオの描き方はいろいろですが
今回は、ふだん使わないある物を
使用しています。

花の白い部分。
白を抜かしているわけではありません。
何かわかりますか?

一家にひとつ、あるかな?

子供さんがいるおうちなら
きっとあるはず。

そうです、クレパス。

クレパスには油分が含まれているので、
あらかじめ白い部分を描いておいて
その上からさっと青い顔彩を筆ではくと
はじいて白くなるのです。

胡粉(白)を使って塗る方法もありますが、
青い色を塗ると白がパッと現れるので
こちらの方が視覚的にはわーっと楽しいです。

よし、昔子供が使っていたクレパスを使おう、
と思った方は、ひとつ注意点。
もし、20年以上も昔のものでしたら
劣化してうまくはじかない場合もあるかも
しれません。

絵の具も見た目はきれいなままでも、
色がぜんぜん出ないことはよくあります。
その場合は、あきらめて新しいものを
買ったほうがよいですね。

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA