プロフィール

澁谷 玉麗(しぶや ぎょくれい)

玉麗流水墨画の創始者。玉麗会会長。
徳島出身。学生の頃から美術の勉強を始める。
油絵、日本画、仏画、水墨画など様々な絵画の技術を習得。
水墨画家 山田玉雲氏(故)の直弟子。

繊細かつ大胆な独自のタッチを加えたオリジナリティ溢れる作風は、唯一無二の “玉麗流”。田舎育ちのため、植物、いきものに対する思い入れが深い。

制作スピードが非常に速く、現在までに描かれた作品は膨大な数にのぼる。
その多くを百貨店、ホテルのギャラリーで展示即売してきた。
2000年頃より椿を描くことをライフワークとし、近年、玉麗ブランドのシンボルマークとして登録。(玉麗オンラインのロゴにも登場している)
2014年の阪神百貨店での「最後の個展」の後は、玉麗流を広めることに尽力している。

【性格】
150cm、41kgの外見からは想像できない程、正義を愛し猪突猛進な完璧主義者。
仕事が速く、クソマジメ。
趣味は、読書、小説を書くこと、花を育てること。
新鮮な野菜に目がない。が、少食。
絵を創作するにあたってのポリシーは、「品格があること」。

『数ある絵画の中で、水墨画・墨彩画はその手法に置いて、最も潔い絵と言えます。何しろ、一筆一筆が真剣勝負、描きなおしが出来ません。そのせいか、水墨画を教えていると口にしたとたん、尊敬のまなざしで見つめてもらえます。一年経てば、あなたもその対象者のひとりになれるかもしれません。 世に趣味はあふれ、何を習ってよいのか戸惑うほどの良き時代になりました。絵の世界を選ばれた風雅なるあなたに、水墨画・墨彩画の魅力をお伝えしたい、そんな熱い思いでウェブサイトをつくりました。第一歩を踏み出すお手伝いを、玉麗会の講師達にお任せ下さい。』

澁谷 雪(しぶや ゆき)

絵画アーティスト/水墨画講師(玉麗会師範)
大阪出身。
日本水墨画美術協会理事長 濱中応彦氏に師事。
玉麗会でゼロから水墨画を始め、玉麗(母)より帝王学を学ぶ。
3カ月で師範資格取得。
水墨画歴13年における指導添削数延べ43,800人。(2018年現在)
大阪を中心とした10教室で指導。
民間企業をはじめ、大阪市の講座、ドイツ、イギリス、ロシア、タイ、フランス、カナダ等外国からの指導依頼にも対応。
墨を使った絵画のデザイン、画像・動画・音声編集も手がける。
iMac MacBook pro愛用。

ただひたすら運筆練習を繰り返すという地道な方法に疑問を抱き、水墨画初心者でも、より効率よく簡単に上手に描くための独自の方法を編み出す。
これまで添削してきた膨大な作品データを元に研究された、そのわかりやすい指導方法には定評がある。

【性格】
新しいもの好きで飽きやすいが、本当に気に入ったものは長く使い続ける。
英文科卒の文系だが、考え方は無駄が嫌いな理系寄り。
集団が苦手でマイペース。

【好きなもの】
虫や爬虫類を含む動物、自然
音楽(クラシック/ロック)
映画・演劇などのエンターテインメント
地図/図鑑
脱出ゲーム

『絵を描くのに必要なものは、才能だけではありません。
でもゼロからモノを生み出すのは大変なこと。
手本があれば、それを頼りにまずはマネからでも形にすることができます。
絵が完成すれば最高の達成感を味わえます。
または癒し、開放感、人生の楽しみ、喜び・・
それらは描いた人しか手にすることのできない宝物。

私は[宝の地図]を持っています。
そして、望む人が道に迷わないよう、より早く目的地に到達できるよう道案内するのが私の役目。
大丈夫、素晴らしい宝石は必ず手に入ります。』